クラフトビール導入マニュアル with Beer(ウィズビア) » クラフトビール導入フローとQ&A

クラフトビール導入フローとQ&A

目次

このカテゴリでは、これから「マイクロブルワリーを開業したい」「クラフトビールを導入したい」と考えている方に向けて、知っておきたい基礎知識をQ&A方式でご紹介しています。

近年注目を集めているクラフトビールですが、オリジナルのビールを製造するには醸造の知識やノウハウが必要となります。基本的な情報をしっかりと押さえ、失敗のない導入を目指しましょう。

オリジナルビールを醸造するには

他社や多店舗との差別化を図るためにも、積極的に導入したいオリジナルビール。オリジナルのクラフトビールを開発・提供するには、まず醸造の知識を知っておく必要があります。ここでは「原材料選び、レシピ設計」「ミリング(麦芽粉砕)、仕込み」「発酵」「熟成・充填」といった、醸造の流れを解説。工程ごとのポイントや注意点についてもまとめていますので、ぜひ目を通しておいてください。

オリジナルビールを醸造するには

マイクロブルワリーを開業するには

クラフトビールなど、小規模の醸造を行うマイクロブルワリー。ここではマイクロブルワリーの定義にはじまり、開業に必要な免許、物件の選び方についてご紹介していきます。たしかに近年人気が高まっており、さまざまな企業が参入しているクラフトビール業界ですが、ただ開業すれば成功するというものではありません。マイクロブルワリーの開業で成功するコツについても触れていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

マイクロブルワリーを開業するには

クラフトビール導入の初期投資費用とは

クラフトビールを導入するための、ブルワリー開業に必要な初期投資費用の情報をまとめました。物件を取得する場合にかかる費用、タンクをはじめとするビール製造に必要な設備費用、ブルワリーや併設するレストラン・バーなどの内装費、それぞれの内訳と目安について解説しています。また、醸造免許の取得に必要な費用と、開業後のランニングコスト、初期投資で失敗しないためのコツについてもチェックしておいてください。

クラフトビール導入の初期投資費用とは

クラフトビールは儲かるのか

これからマイクロブルワリーを開業し、クラフトビールを導入するにあたり、やはり気になるのは「本当に儲かるのかどうか」ではないでしょうか。ここでは、レストランなどで提供する際のクラフトビールの単価の目安、マイクロブルワリーの開業で利益を出すためのポイントについてご紹介していきます。

クラフトビールは儲かるのか

クラフトビールを製造するための免許取得方法

オリジナルのクラフトビールを製造するには、お酒を醸造するのに必要な免許を取得しなければなりません。ここでは、ビール製造免許と発泡酒製造免許の違い、免許取得の際に満たさなければならない5つの要件についてくわしくまとめています。また、醸造免許を取得する際に「修行は必要なのか」どうかについても触れていますので、こちらも目を通しておいてください。

クラフトビールを製造するための免許取得方法

クラフトビールの客単価はいくら?

マイクロブルワリーで製造するクラフトビールは大手に比べると少量であり、手もかかるため単価が高くなりがち。しかし、あまりにも高すぎては利用者が手を出しにくいですし、安すぎては利益が出ません。クラフトビールを製造し、お客様に提供する場合、その単価はいくらぐらいが目安なのでしょうか。客単価アップを狙うためのポイントと共に解説していきます。

クラフトビールの客単価はいくら?

ブルワリー導入における集客術

ブルワリーを開業して利益をあげるためには、幅広いユーザーに注目してもらうことが重要。ここでは、そのための集客術についてご紹介していきます。また、集客の前に押さえておきたいクラフトビールのユーザー層についても必見。どのようなユーザーがクラフトビールに注目しているのか、どんな理由で選んでいるのか、どのようなシーンで楽しみたいと思っているのか、情報をチェックしておきましょう。

ブルワリー導入における集客術

クラフトビール導入におけるOEMとブルワリーの違い

オリジナルのクラフトビールを製造する方法には、マイクロブルワリーを開業する方法と、専門のOEM企業に製造を委託する方法があります。ここでは、OEM醸造とマイクロブルワリーそれぞれのメリットを解説し、それを踏まえて2つの方法の違いを考察しています。大切なのはそれぞれの特徴を知り、自社に合った方法を選ぶこと。内容をしっかり確認しておきましょう。

クラフトビール導入における
OEMとブルワリーの違い

マイクロブルワリーの市場動向

年々盛り上がりを見せているクラフトビール業界。それを製造するマイクロブルワリーの数も増加傾向となっていますが、そこにはどのような背景があるのでしょうか。とある調査結果をもとに、クラフトビールの消費量の変化、日本各地におけるブルワリーの開業状況などをまとめました。

マイクロブルワリーの市場動向

ブルワリー開業のための資金調達方法

マイクロブルワリーを開業するためには、当然ですが資金が必要です。ここでは、「日本政策金融公庫の融資」「信用保証付きの融資」「クラウドファンディング」といった3つの資金調達方法について解説。それぞれの特徴と、利用するにあたっての注意点などをしっかりと見ておきましょう。

ブルワリー開業のための資金調達方法

クラフトビールの種類について

ビールは、その製造方法の違いにより「ラガー」と「エール」の2種類に分かれます。ラガーとは、やや低温でゆっくりと発酵・熟成させて作るビールのこと。エールとは、やや高温で早めに発酵・熟成を完了させるビールのこと。ラガーのほうが管理しやすいことから大量生産には適していますが、マイクロブルワリーを開業してオリジナリティあるビールを作るならばエールも有望な選択肢。ここでは、ラガーとエールの製造方法の違い、および、それぞれに分類される有名なビールスタイルについてご紹介しています。

クラフトビールの種類

クラフトビール業界における環境配慮について

持続可能な事業や環境配慮などがトレンドとなっている昨今、消費者はただ美味しいビールを求めるだけでなく、その製造過程が環境に及ぼす影響にも目を向けはじめています。クラフトビール業界も例外ではありません。こちらページではクラフトビール業界における環境配慮、サステナビリティへ取り組みについて紹介します。

クラフトビール業界における環境配慮

クラフトビール業界で差をつける!効果的なマーケティングとブランド戦略

クラフトビールの人気はとどまるところを知らず、市場は急成長を継続中です。クラフトビールの製造者にとって市場が成長することは歓迎すべきことですが、一方、市場が成長することで競争相手が増える懸念も。激しい市場競争の中で勝ち抜いていくためには、美味しいビール造りを行うことと並行し、目的のターゲット層に訴える有効なブランド戦略を構築することが重要です。ここでは、クラフトビール市場で勝ち抜いていくためのマーケティング戦略、ブランド戦略について解説しています。

クラフトビールのマーケティングとブランド戦略

マイクロブルワリーとは

マイクロブルワリーとは「小さな醸造所」のこと。イギリスで起こった大手ビール会社の市場支配への反動、およびアメリカでの自家醸造の解禁などをきっかけに、今や世界中で見られる一大産業へと発展しました。日本でも1994年の酒税法改正をきっかけに、マイクロブルワリーの新設が続々と続いていいます。

こちらでは、マイクロブルワリーの定義や歴史、ビール産業への影響、クラフトビールとの関係性などについて解説しています。

マイクロブルワリーとは

アウグスビール株式会社 公式HP
アウグスビール株式会社 公式HP

Back toTop